物欲に負け、SONYレンズスタイルカメラDSC-QX10を買う!

SONYの出した斬新なデジカメ、「レンズスタイルカメラ DSC-QX10」
僕はSONYのショールームで初日に触ってきて、すっかり惚れ込んでしまったのだが、
いろいろな理由(主に財政面)があり、ようやく本日入手!

iPhone4Sと合体!この勇姿を見よ!

iPhone4Sと合体!この勇姿を見よ!

エネループとの比較。本体はとてもコンパクト。重さはiPhone5と同じくらい。

写真はスマホなどにつけるアタッチメットが付いた状態。これを外すとさらに小さくなる。

上の写真はスマホなどに取り付けるアタッチメットが付いた状態。これを外すとさらに小さくなる。

右に映っているのは、トイデジカメSQ30M
このDSC-QX10はスマホと連動させるのが基本だが、実は単品でも撮影することができる。
ファインダーもなければ液晶もないので、「トイデジカメ」と同じ感覚で(撮れる写真は桁外れに綺麗だが)撮ることもできる。
家に帰ってPCにつなぐまで撮れた写真がわからない、そんなドキドキを味わう事も出来るのだ。
サイズ的にもちょっと大きめなトイデジといった感じだ。

さて、肝心の作例を。
光学10倍ズームは素晴らしい。最近はiPhoneでばかり写真を撮っていたので、ズームの快適さを忘れかけていた。

広角からの~

広角からの~

光学10倍ズーム!

10倍ズーム!

ここから

ここから

まだまだ

グーッとズームしていって・・・

どやっ!

どやっ!

そしてこの機種、暗所での写りが良い。

夕暮れ時。一番星をパシャリ!三脚なし、手持ちで撮影。

夕暮れ時。一番星をパシャリ!三脚なし、手持ちで撮影。

さらに嬉しい誤算は、動画が結構綺麗に撮れること。
動画機能はおまけ程度かな、と思っていたが実用レベルの性能だ。
光学手ブレ補正+10倍ズーム+ステレオマイクで手持ちでもなかなかの絵が撮れてしまう。

さて、このレンズスタイルカメラ、iOS、Android共にアプリさえ入れればタブレットでも使えてしまう。

初代iPadと組み合わせるとこんな感じ!

初代iPad(カメラ付きモデル)

初代iPad(カメラ付きモデル)

上部のアームがiPadの縁にうまい具合に引っ掛かる。(あくまでも単に乗せているだけなので、傾ければ落ちてしまう。ストラップを握りしめての撮影。)

崖っぷち感は半端ない。撮影に夢中になってしまうと落下は必至!

崖っぷち感は半端ない。撮影に夢中になってしまうと落下は必至!

大画面で撮影してみるとなんだか不思議な感じがして面白い。

超大画面モニターつきデジカメ!これはこれで需要あると思う。

超大画面モニターつきデジカメ!これはこれで需要あると思う。

すっかりお気に入りの一台となってしまったこのデジカメ。思った以上にいろいろ遊べそうだ。
明日はさっそく本格的なフィールドテストといこう!

しばらく使ってみて、面白い使い方や、気づいた点があれば順次当ブログにて紹介する予定だ。






HOMEへ戻る