10日間レンズスタイルカメラを使った感想

念願のレンズスタイルカメラ、DSC-QX10を手に入れてまもなく10日。
すっかりお気に入りの一台になってしまって、 常にカバンの中に入っている。

しかし、このデジカメの外観は本当にインパクトがあるみたいで、見せるとみんな物凄く食いついてくる。
特にガジェット好きは鼻息まで荒くなるくらいだ。

また、街中で撮影していると、
「ほら・・あれ例のSONYの」「ああ、レンズだけのヤツ!」「買っちゃう人いるんだ・・」(ヒソヒソ)
みたいな感じになって、視線が痛気持ちいい。(←ドM)

買った当初はいちいちスマホに取り付けて使っていたが、最近は分離した状態で使う事が多い。
アタッチメントの下の突起を下のように指で挟んで撮影すると、上手く水平を保って撮影できる。

冗談としか思えない撮影スタイル!

撮られる方はビビるかもしれない・・

また、最近ではこの構え+目視で狙いをつけることで、スマホでのプレビュー無しで単体撮りすることも多い。
(スマホとの接続はかなりバッテリーを食うのと、どうしてもアプリ起動の時間がもどかしくなってくる)
目の高さに掲げ、上面中央のSONYロゴあたりを照準替わりに被写体を狙うと、案外上手く撮れている。

(しかしこの撮影スタイルだと周りからヒソヒソされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。まあお前らド素人は、DSC-WX200でも使ってなさいってこった。 )

素人にはこれがオススメ

デジカメ界の”牛鮭定食”

巷では、魔改造して光学ファインダーを付けている方もいるようだ。

iPhoneに機種変して以来、コンデジを持ち歩かなくなっていたのだが、久々に光学ズーム付きの撮影環境を手に入れ、
その快適さに驚いている。
写真を撮るのが面白くて、無駄にパシャパシャ撮ってしまうほどだ。

以下に何枚かQX10で撮影したサンプルを。
iPhoneのカメラも優秀だが、やはり最新のコンデジは大したものだ。

思案顔のカモメ

思案顔のカモメ

色づいたイチョウ

色づいたイチョウ

東京駅

東京駅

その天井

その天井

飛翔するカモメ

飛翔するカモメ







HOMEへ戻る