(個人的に)大惨事!docomo Xperia Z1のシムロックを解除してみる

auのiPhone4Sから、docomoのXperia Z1に機種変してまもなく一ヶ月。

先入観から、お堅いdocomoではシムロック解除なんてもちろん不可能かと思っていたが、
意外や意外、2011年4月以降に発売された機種は、docomoショップに持っていけばSIMロック解除してくれるそうだ。
(iPhone等、不可能な機種もあり)

稀に海外に行って現地SIMを使うこともあるし、(参考記事:香港電脳遊戯 1 ~まずはインフラ整備でござる~
SIMロック解除が出来る!それも公式で!と聞けば人柱なら居ても立ってもいられない。
人柱魂がウズウズとうずき、早速、docomoショップに乗り込んだのだった。

この軽率な思いつきが、後で致命的な事態を引き起こすとは、まだ知る由もなかったのである・・。

「人柱は、都内某所docomoショップへと向かった!」

「人柱は、都内某所docomoショップへと向かった!」

今日訪れたdocomoショップの前には、意味深な銅像が立っている。

SIMロックという檻に囚われたユーザー (※イメージ)

SIMロックという檻に囚われたユーザー (※イメージ)

「ははーん・・これは通信事業者にSIMロックという宿命を科せられたユーザーが必死に足掻く姿を、シュルレアリスムの手法を用いて克明に描いてドウノコウノ・・・(適当)」と妄想しながら入店する。

店頭での手続きはいたって簡単だ。
今使っているSIMカードを抜き、ロック解除用のSIMを差し込み、お店の端末で店員さんが解除操作をすることで解除ができる。
(身分証明書と手数料3150円が必要。)
なお、手数料は月々の電話代との合算はできず、その場でニコニコ現金払い(クレジットカードも可)する必要がある。なんだかきな臭い。

なお、一回SIMロックを解除すると、再度ロックをかけることは不可能だそう。
SIMロックを解除すると、My docomoの「ご契約内容確認・変更」画面から、PINロック解除コードが見れるようになる。

PINロック解除コード

PINロック解除コード

端末によっては、このコードの入力を求められることもあるようだ。

さて、すんなりシムロック解除は終わり、家に戻った僕はNexus7 2013 LTEモデルを引っ張りだしてきた。
この中に、IIJの格安SIMが入っている。
とりあえず我が家にあるこの格安SIMで、本当にロック解除されているかテストをしてみよう!

そして悲劇が起こる・・・。

「SIMトレイ、出てこないな~、硬いな~」とクリップでグリグリ押し込んだこの穴。

何だよ!このシムトレイ硬いな〜

何だよ!このシムトレイ硬いな〜

中からシャリっシャリっと音がして、銀色の粉がパラパラ出てきたのだが、「クリップが削れたのかな~」と思いつつも、なおもグリグリ。
そして気づいた。
これ、マイクだったのだ!!!!!!!!!!!!!

「ところがどっこい!・・これが現実っ!・・・・現実っ!!」

「ところがどっこい!残念!SIMカードは下っ!・・これが現実っ!・・・・現実っ!!」

もちろん、マイクは逝ってしまった。
冗談のような、本当の話だ。

あのボリュームボタンの形状、どう見てもSIMトレイっ!

あのマイクの穴、どう見てもSIMトレイ出すときに押す穴っ!
しかもクリップがぴったり入るサイズっ!!

そして、最初にSIMに入れたのは家族っ!圧倒的未経験!

Nexus2013を買った方は、くれぐれも注意して頂きたい。
人柱からの親身な忠告である。

最大の問題は、自分のNexus7ではなく、家族のNexus7だと言うことである・・・。嗚呼、なんと謝ろう・・。

写真を撮る手も同様のあまり震える・・撮っている場合か?!

写真を撮る手も動揺のあまり震える・・撮っている場合か?!

本来ならこの後のレビューがメインになるはずだったのだが、もう足が産まれたての子鹿みたいに萎えているので、詳細に書く気力がでない。
簡単に要点だけ書いておく。お許し頂きたい。

・入れてみたのはビックカメラのIIJシム「BICSIM」
・SIMに付属の説明通り、ネットワーク設定をすることでdocomo XperiaZ1でまったく問題なく使える
・BICSIMに入れ替えても、Xperia Z1のフルセグ、FMラジオは使える
そもそもSIMカードが入っていなくても、Xperia Z1のフルセグ、FMラジオは使える

以上、参考になれば幸いだ。







HOMEへ戻る