ジャガー・ランドローバーのフロントガラス一体型HUD

ジャガー・ランドローバーの発表したコンセプト、「バーチャルウインドスクリーン」。
レースゲームなどでお馴染み、最適レーンの表示や最適速度などをフロントガラスに投影し、ARドライビングを目指すコンセプトだ。

HUDコンセプト

まだコンセプトの段階だが、数年後の実用化を目指しているそうだ。 ちなみに、ジャガー・ランドローバーのエンジニアはミラーもカメラとディスプレイに置き換えることを検討しているとのこと。 (日産では既に「スマートルームミラー」という技術が実用化されている: 参考記事

ジャガー・ランドローバーのコンセプトはどちらかと言うと、レースなどモータースポーツ用途を想定したものだが、日本でもデンソーが日常用途のフロントガラス全面HUD化を研究しており、2015年頃の製品化を目指している

デンソーのHUDのはより日常用途のもの

もうすぐこれが実現する

デンソーのHUDは「ナビ、レーンガイド」「歩行者検知・警告」など日本企業らしいマジメで正統派な感じだ。(褒めてる)

ジャガー・ランドローバーがちょっと前に発表したオフロード車用の透明になるボンネットなどマイナー分野を突き進むのとは対照的だ。

日本では悪路走行より、車の影にいる子供などの巻き込み事故防止としての用途に期待できそう。

日本では悪路走行より、車の影にいる子供などの巻き込み事故防止としての用途に期待できそう。

さて、このようにフロントガラスの全面HUD化が進んでくると、投影像の二重化の対策も必要になってくる。
IMG_4957

この写真は以前、「Nexus7を使って仮想HUDを試してみる」という記事でも紹介したものだが、普通のフロントガラスに投影した画像は二重になってしまう。
小さい面積のHUDなら、透明のシールを投影箇所に貼ることで解決できるのだが、投影面積が大きくなってくるとそうもいかない。

調べてみると、今ではヘッドアップディスプレイ用のガラスが販売されているようだ。
このままHUDの大型化・全面化が進むと車のガラスはこのような形式が主流となるだろう。

ファイナンスに興味のある人は今のうちにリサーチしておくと金脈が見つかるかもしれない。






HOMEへ戻る