ソニーのヘッドマウントディスプレイ、SmartEyeglassに捧げるレクイエム

GoogleがGoogleGlassに見切りを付けたのと対照的に、ソニーがバンザイ突撃を敢行する模様だ。

SmartEyeglass  SED-E1

SmartEyeglass  SED-E1

開発者向けに発表されたSmartEyeglass SED-E1はモノクロ(緑単色)ディスプレイを備えたメガネ型端末。
メガネ部分と、マイク・スピーカー・バッテリーなどを搭載するコントローラー部から出来ている。

スペックの詳細はSONYの公式サイトに載っているのだが、正直、GoogleGlassやモベリオの劣化版といった感じだ。

公式のPVを見ていると、何だか暗い気持ちになってくる。

不思議なことに、ヘッドマウントディスプレイを扱うメーカーはイケメン・美女にHMDを付けさせてオシャレな街を練り歩かせるのが好きらしい。

オシャレ~(棒)

オフィス街でSmartEyeglassを付けて闊歩する美女。胸元から伸びるコードがオシャレ(棒)

もちろん、次のシーンはナビだ。

スマホじゃダメなんですかねぇ・・

スマホじゃダメなんですかねぇ・・

そして、様式美。友人からのテキストメッセージが入る。

視界にオーバーラップさせる意味は・・

視界にオーバーラップさせる意味は・・

間髪おかず、スマートに返信。マイクを搭載したコントローラーを握って、音声認識だ!

「レインボーブリッジ封鎖できません」

「レインボーブリッジ封鎖できません」

スピーカーとマイクは、メガネではなくコントローラー部に付いているため、無線機のようなポーズを取ることになる、どうぞ。

こっちに付いているのか(困惑)

こっちに付いているのか(困惑)

バッテリーはカメラ不使用時の連続使用で約150分持つ。いつ電源が落ちるかドキドキとゲーム感覚で装着できる。

そして、公式ページをひと通り見ると、次の但し書きが・・。

gochui

SmartEyeglassよ、安らかに。






HOMEへ戻る