カテゴリー: Essay

GoogleがGoogleGlassに見切りを付けたのと対照的に、ソニーがバンザイ突撃を敢行する模様だ。 開発者向けに発表されたSmartEyeglass SED-E1はモノクロ(緑単色)ディスプレイを備えたメガネ型端末 […]

続きを表示

先日のWindows10の発表時に突然現れた隠し球、Microsoft HoloLens。 GoogleGlassの先行きが怪しくなってきたこのタイミングで、Microsoft御大がヘッドマウントディスプレイ界に殴りこん […]

続きを表示

昔務めていた会社は、仕事の都合上帰宅が終電後になることが多かったので、毎晩のようにタクシーで帰っていた。 電車で1時間の距離なのだが、深夜の首都高をかっ飛ばすタクシーを使うと20分くらいで自宅に着く。 タクシー代は高速代 […]

続きを表示

PCでゲームをするようになって、かれこれ20年が過ぎたが、Steam様には本当に感謝している。 マイナーな洋ゲーを始め、世界中のゲームがワンクリックでしかも安価に買えるとは、なんと素敵な時代になったのだろうか。 中学生の […]

続きを表示

私事、今月末まで新宿で働いている。 8月下旬、西新宿の高層ビル群に巨大なオブジェが登場した。 「新宿クリエイターズフェスタ2014」というイベントに登場した作品の一つである。 間が悪い事に、このイベントと時を同じくして、 […]

続きを表示

数年前までは、アップルの新製品発表スペシャルイベントともなれば、ワクテカしながら深夜までモニターにかじりついていたものだが、今年は始まる前にお酒を飲んでいたら、不覚にも寝てしまった。 認めたくは無いのだが、「人柱としての […]

続きを表示

「帝都高速度交通営団」 いかめしくも、懐かしい響きである。 昭和50年代生まれのオッサンである僕には地下鉄=帝都高速度交通営団という刷り込みがあり、今の「東京メトロ」という言葉はどこかハイカラ過ぎて口にするのが少しこそば […]

続きを表示

日本で引退した1台の消防車が、今アメリカ中を走り回って、話題を呼んでいる。 ベースとなった消防車はトヨタのダイナ。 アメリカで魔改造されたこの消防車、なんと使用済みの「食用油」で動くようになっているのだ。   […]

続きを表示

ウィリス・キャリア。 「誰?ダイ・ハードの人?」と思ったそこのあなた。罰として、今使っているエアコンを止めて頂きたい。 この人こそ、エアコンの発明者なのである。 こんなにも素晴らしい発明品、エアコンで世界を変えた人なのに […]

続きを表示

先ほど、Engadgetで紹介されていたボーイング787のアクロバット飛行の動画を見ていた。 旅客機のこの飛び方を見ているとムズムズしてくる。 「あっ!旅客機がそんな動きしちゃうの!?」という非日常感。 高所恐怖症、飛行 […]

続きを表示

ジャガー・ランドローバーの発表したコンセプト、「バーチャルウインドスクリーン」。 レースゲームなどでお馴染み、最適レーンの表示や最適速度などをフロントガラスに投影し、ARドライビングを目指すコンセプトだ。 まだコンセプト […]

続きを表示