午前三時のスマートウォッチ

去年の夏から、つい先月まで、真夜中の空港で働いていた。 誘導路の上で各種センサーをピコピコさせて、あれこれするお仕事である。   フリーランスとしての仕事に余裕ができたため(廃業寸前)、時間を持て余し、ふと見つ... Continue reading →

スマートウォッチの幻想

数年前までは、アップルの新製品発表スペシャルイベントともなれば、ワクテカしながら深夜までモニターにかじりついていたものだが、今年は始まる前にお酒を飲んでいたら、不覚にも寝てしまった。 認めたくは無いのだが、「人柱としての... Continue reading →