カテゴリー: Essay

PCゲームにどっぷりハマってから、かれこれ二十数年が過ぎた。 640×400ドットの8段調モノクロディスプレイでゲームをしていた少年は、いまや30代のオッサンとなった。 より良いPC、グラボ、モニタを求め散財し […]

続きを表示

ポストアポカリプスを題材とした名作、Fallout4ではひたすらヌードルだけを作り続けるロボット、タカハシが登場する。 昨年、我が家にもタカハシが来た。 PHILIPSのヌードルメーカーである。発売当初は強気の値段設定だ […]

続きを表示

男が真剣に向き合うガジェット選び第一位は、ひげ剃りでは無いかとふと思った。 昨日、久々に覗いた僕の「ガジェットの墓場」に転がっていた歴代ひげ剃りに目を留めたからである。   嬉し恥ずかし初めてのお髭剃りは父親か […]

続きを表示

最近はすっかり足が遠のいてしまったが、中高生の頃は少ないお小遣いを握りしめて秋葉原に足繁く通ったものだ。 かれこれ20年前の話である。 当時全盛を誇ったDOS/Vパソコンのパーツや、秋葉原でしか買えないマニアックな洋ゲー […]

続きを表示

怒ってます。 追悼Xperia Z5。お風呂スマホはやはり無謀なのか?”IPX5/8の罠”でも書いたが、使用しているXperia Z5がバイブが止まらないという症状でメーカー送りとなった。 あれから一週間。本日、auサポ […]

続きを表示

去年の夏から、つい先月まで、真夜中の空港で働いていた。 誘導路の上で各種センサーをピコピコさせて、あれこれするお仕事である。   フリーランスとしての仕事に余裕ができたため(廃業寸前)、時間を持て余し、ふと見つ […]

続きを表示

Xperia Z5が逝ってしまった。 先日、活字中毒、かつスマホ依存症の自分はいつものように生まれたままの姿にスマホを握りしめて風呂へと向かった。 Xperia Z5はIPX5/8、「 あらゆる方向からの噴流水による有害 […]

続きを表示

10年先のテクノロジーを予測する― 毎回、目新しいガジェットやテクノロジーが登場するたび大枚をはたき、人柱になってきた者として非常に興味深いテーマである。 少ない収入の中、娯楽を削り、まさに身を削る思いで投資したガジェッ […]

続きを表示

日本でも発売が始まった、Audiの新モデル、「Audi TT」 最も安いモデルでも542万円というお大尽価格で、明日の酒代にも事欠く僕には到底手が出ないわけだが、メーターが一枚の液晶パネルで構成された「アウディバーチャル […]

続きを表示

南北に長い日本列島。 その土地土地の気候風土に育まれた「ご当地グルメ」は活況だが、家電は画一的である。 東名阪に本社を置く大手家電メーカーがいっせーの!で、ドーンと生産するのだから仕方ないといえば仕方ないのだが、なんとな […]

続きを表示

「首相官邸異状なし、報告すべき件なし。」 警備日誌にそう書かれていたかどうかは定かで無いが、首相官邸の屋上にドローンが2週間お泊りしていた事件は日本の重要施設の警備の甘さを世に知らしめた。 メンツを潰された偉い人たちは大 […]

続きを表示