山手線一周!駅別人気アプリ調べ(後編)

その地域でどんなアプリがよくダウンロードされているかがわかる、iOS7の新機能、
「近くで人気のアプリ検索」。

使い方によってはマーケティングリサーチやら何やら、いろいろな用途で使えそうだ。
しかし、ちょっと怖いな、と思う点もある。
今日、通った某銀行本店前で検索した結果だ。

ginko

うーむ・・。

その会社のインフラ、セキュリティで使うアプリ情報も垂れ流しなのだ。
各社のセキュリティ担当者は注意が必要かもしれない。

さて、前編に引き続き、山手線一周アプリ検索の旅、後編をお届けしよう。

 

●鶯谷

突如現れる中国語。 首位のアプリも中華圏の音楽のダウンロードアプリ。

突如現れる中国語。
首位のアプリも中華圏の音楽のダウンロードアプリ。

 

●日暮里

半分は中国語アプリ

半分は中国語アプリ

 

●西日暮里

nishinippori

旅行・乗り換え関係アプリ多し。成田空港に向かう京成スカイライナーと関係あり?

 

●田端

中華圏アプリが上位3位を占める

中華圏アプリが上位3位を占める

 

●駒込

中華圏アプリが3つ。

中国語強し。中国の人は駅の周りでアプリをダウンロードしがちなのか?(適当)

 

●巣鴨

sugamo

おばあちゃんの原宿、巣鴨ではなんと無印良品のアプリが首位!

 

●大塚

ootsuka

山手線の出口案内アプリが首位。そんなに迷いやすい駅なのか。中国語アプリも健在。

 

●池袋

コミック、そして女性向けアプリが登場。他の駅と傾向がちょっと違う。

コミック、そして女性向けアプリが登場。他の駅と傾向がちょっと違う。

 

●目白

mejiro

脈絡なくニコニコ動画と、乗り換え案内。謎だぞ、目白。

 

●高田馬場

takadanobaba

さすが学生の街!辞書が2冊もランクイン。

 

●新大久保

コリアンタウン新大久保。ハングル表記アプリが登場。

コリアンタウン新大久保。ハングル表記アプリが登場。

 

●新宿

巨大ターミナル駅新宿。小田急ロマンスカーのアプリが上位を占める。

巨大ターミナル駅新宿。小田急ロマンスカーのアプリが上位を占める。

 

●代々木

yoyogi

路線図が首位。乗り換えが多い駅だからか。予備校街らしく、英単語アプリとかであってほしかった。

 

●原宿

harajyuku

英語の旅行アプリが多い。秘密カメラは危険な匂いがする。

 

●渋谷

旅行関係の英語アプリが多い。

渋谷も旅行関係の英語アプリが多い。スクランブル交差点が外国人には大人気だとか

 

●恵比寿

ebisu

今回の調査で一番異彩を放っていたのが、ここ恵比寿。肉を介した出会い系ソーシャル焼肉会マッチングアプリが首位!恵比寿といえば合コンのイメージ。順当な結果か。

 

●目黒

meguro

オシャレなファッション検索アプリが登場。首位はANA。セレブな香りが漂う。バック買って旅行にお出かけか。(僻み)

 

●五反田

gotanda

なぜか書籍のアプリ多し。何故だ。どんなジャンルの本かが気になるところ。

 

●大崎

oosaki

ホウ・レン・ソウ! ザ・仕事という感じのラインナップ。

以上。
山手線の各駅のアプリトレンドを見てきたが、いかがだったろうか?
案外、各街の特色が見える面白い結果になったのではないだろうか。

こうしておっさんの連休初日は終わった。

傍から見れば、駅に止まるごとにiPhoneのスピーカーを抑えながらスクリーンショットを撮る不審なおっさんだっただろう。
その貴重なデーターを、素敵な連休を堪能している世間の皆様に無償で提供することにし、気疲れしたおっさんはもう寝るのである。

→ さらにディープな調査は・・こちら! とりあえずペンタゴン!情報機関別人気アプリ調べ






HOMEへ戻る