人柱、意気消沈・・Windows8.1アップデート (無事終了)

昨夜、それほど騒がれることなく、ひっそり行われたWindows8.1のリリース。

windows8

新OSのリリースとあっては、「人柱」としては黙っているわけにはいかない。
早速インストールしたのは言うまでもない。

OSのアップデート、大抵の場合、頭をかきむしりたくなるようなトラブルが起き、プロ人柱を喜ばせる。
しかし、今回のWindows8→Windows8.1のアップデート、時間だけはかかったものの、
それ以外、大きなトラブルもなく終わってしまったのだ!(←ドM!)
なんだか拍子抜けしてしまった。

(10/19 追記: Steamが起動しないというバグ発生。
Steam公式ページからインストールプログラム再ダウンロード  →  インストールメニューから「Repair」を選択し、無事解決。)

さて、今回のWindows8.1、ご承知のようにWindows8登場時の「スタートボタン廃止」の大混乱を受け、
スタートボタンが復活している。

「待たせたな!」

「待たせたな!」

だが「これ、これだよゲイツ!」と喜び勇んでこのボタンをクリックすると、こんな光景が飛び込んでくる。

まさに悪夢!

まさに悪夢!

カラフルなタイルの羅列!
そう、Windows8.1も初期の設定のままでは、スタートボタンを押すとこの悪夢のスタート画面が出てくるだけのだ。
タブレットならともかく、デスクトップPCでこの画面は苦行でしかない。

僕は次のようにカスタムしている。
まず、タスクバーを右クリック → 「プロパティ」を選択すると出てくる以下の画面。

オススメ設定

オススメ設定

これを上の画像と同じように設定して欲しい。

すると、スタートボタンをポチッと押した時の挙動が・・・

嗚呼、美しい!使いやすい!

嗚呼、美しい!使いやすい!

こうなる。

ちなみに、並び順は左上の「アプリ」の文字横のメニューからカスタムすることができる。
(僕は「使用頻度順」に設定している)

「使用頻度」でソートすると使いやすかも

「使用頻度」でソートすると使いやすかも

以上、簡単にWindows8からWindows8.1への移行について書いたが、大きな変更はこのくらいだ。
今のところ、互換性や安定性の低下等のトラブルには遭遇していない。

そういえば、Windowsストアアプリとやらでは、いくつか大きな機能の改良があったようだ。
Win8でWindowsストアアプリを多用する奇特な方は大手サイトのレビューもご参照あれ。






Comments are closed.