Leapmotion到着!

家に帰ると、FedExからの封筒が。

IMG_5549

もしや、と包装紙を引きちぎるように開けると、入っていました。Leapmotion。
今週発送開始とは聞いていたが、まさかこんなに早く届くとは。嬉しい誤算である。

IMG_5551
箱はなかなかおしゃれな化粧箱。最近のガジェットはみんなこの手のパッケージ。

IMG_5553

内容物はいたってシンプル。
本体と、ウェルカムメッセージ、長さ違いのケーブルが2本入っている。

IMG_5555

本体側に接続するケーブルの端子は独自の形状。

IMG_5556
laepmotionの本体は、高級感ある質感。

IMG_5557

周囲はおそらくアルミのフレーム、底はゴム状の質感で、机の上で滑ってしまわないようになっている。

IMG_5559

さっそく複数のアプリを使ってみて。
「これ何に使おう・・」というのが率直な印象。

たしかに凄い、そして斬新なデバイスなのだが、マウスやキーボード操作に取って代わるものではない。
分解能、レスポンスも上々なのだが、普段のPC操作をこれで置き換えることができる、という幻想は捨てるべきだ。

すごくとんがった用途、たとえば3DCGをこねくり回して造形するとか、外科医がオペのシミュレーションをしたりするようなケースで使うべきデバイスだ。
長時間手を中空に浮かせて操作するのは、やはり想像以上に疲れる。

まだまだ登録されているアプリも少ないし、半日ほど使っただけなので早急な結論は避けるが、気になっている人はすこしleapmotionの今後の動向を見てからにしても良いかもしれない。
もっとも1万円しないデバイスなので(これは驚異的だ!)、今すぐ買って後悔することもあまりないだろう。

次回は実際の使用感、アプリの使い勝手などをレビューしたい。

leapmotionレビュー






Comments are closed.