タグ: ヘッドアップディスプレイ

日本でも発売が始まった、Audiの新モデル、「Audi TT」 最も安いモデルでも542万円というお大尽価格で、明日の酒代にも事欠く僕には到底手が出ないわけだが、メーターが一枚の液晶パネルで構成された「アウディバーチャル […]

続きを表示

ジャガー・ランドローバーの発表したコンセプト、「バーチャルウインドスクリーン」。 レースゲームなどでお馴染み、最適レーンの表示や最適速度などをフロントガラスに投影し、ARドライビングを目指すコンセプトだ。 まだコンセプト […]

続きを表示

昨年の9月の記事、「GARMIN謹製!Bluetooth接続の車用ヘッドアップディスプレイ」で取り上げたフロントガラスにナビの案内情報を投影する、GARIN社製のヘッドアップディスプレイがついに日本対応で発売された。 プ […]

続きを表示

家電・エレクトロニクスの祭典、CES2014で登場したAudiのTT2015。 そのコクピットのメーターは、アナログを排し、一枚の液晶となっている。 地図、各種メーター、ドライバーの求める機能を一箇所に集約しているのだ。 […]

続きを表示

東京エレクトロン、という会社がある。 僕はこの会社が定期的に発行する「テレスコープマガジン」というWEBマガジンの大ファンだ。 大抵、企業のWEBの読み物はつまらないか、「CSR取り組んでますよ」アピールに終始していて読 […]

続きを表示

普段はPCの前に座ってカタカタとキーボードを打っている僕も、時々アウトドアに飛び出す事がある。 そんな時はだいたい新しいガジェットを手に入れた時だと思って間違いない。 アウトドアのためにガジェットを買うというよりも、ガジ […]

続きを表示

以前掲載した2つの記事、 「Nexus7を使って仮想HUDを試してみる」 「フロントガラスピコピコ状態!最先端、車用HUDナビ」 が大人気だ。 なんだ!みんなやっぱりヘッドマウントディスプレイ好きなんじゃないか!このこの […]

続きを表示

今、カーナビ業界で激戦が始まろうとしている。 パイオニア、ケンウッドに続き、パナソニックもHUD(ヘッドアップディスプレイ)市場に参戦した。 (9月に既に発売されていたようだが、恥ずかしながら、今日雑誌で広告を見るまで知 […]

続きを表示

今乗っている自転車は、センチュリオンというドイツメーカーのクロスバイクだ。 いかにもドイツらしい無骨な機能美に惹かれて買ってかれこれ7年。 まだまだ現役で使っているのだが、だいぶくたびれて来ている。 よく、古くなった飛行 […]

続きを表示

登場した時から個人的に興味津々だった、パイオニアのヘッドアップディスプレー付きのサイバーナビ。 戦闘機のようなHUDを普通の車でも搭載できるという尖ったコンセプトに「ここまで来たか」と落涙したものである。 ↑とにかくカッ […]

続きを表示

ここのところ、車業界でヘッドアップディスプレー(HUD)をめぐる動きが慌ただしい。 GARMINがスマホと連動してナビに使うHUDを出したり、お馴染みcarrozzeriaのサイバーナビは欧州にも進出するそうだ。 (ちな […]

続きを表示

ドイツで絶賛開催中の家電のお祭り、IFA2013。 連日刺激的なニュースがめじろ押しで、まったくもって乾く暇が無い。(何が) GPS関連機器の老舗企業、GARMIN。 IFA2013で、車載用のHUD(ヘッドアップディス […]

続きを表示

HUD、「ヘッドアップディスプレイ」は男のロマンである。 戦闘機はもちろん、最近ではボーイング787などの旅客機、そして車でもプジョーなど各社で標準装備になったり、 身近にHUDが浸透しつつある。実に喜ばしい事だ。 カロ […]

続きを表示