Essay

PR
Essay

人柱、激おこ!Lenovoサポートにプンプン丸

 愛用しているノートPC、ThinkPad X1Carbon(2ndG)。 まもなく1年間の保証期間が切れるが、その間に2回マザーボードが逝き、ドナドナされていった過去を持つ。 それはともかく、このThinkpadは買った時から本来...
Essay

ソニーのヘッドマウントディスプレイ、SmartEyeglassに捧げるレクイエム

GoogleがGoogleGlassに見切りを付けたのと対照的に、ソニーがバンザイ突撃を敢行する模様だ。 開発者向けに発表されたSmartEyeglass SED-E1はモノクロ(緑単色)ディスプレイを備えたメガネ型端末。 ...
Essay

Microsoft HoloLensに思う、「ヘッドマウントディスプレイでできること、やりたいこと」

先日のWindows10の発表時に突然現れた隠し球、Microsoft HoloLens。 GoogleGlassの先行きが怪しくなってきたこのタイミングで、Microsoft御大がヘッドマウントディスプレイ界に殴りこんできた。 それ...
Essay

ボイスコントロールと”尻テロ”

2013年、12月。 全裸で使っていたお気に入りのiPhone4Sは、固いコンクリートの地面に落下し、画面が逝ってしまった。 薄情な僕はその日のうちにAndroidのXperiaZ1に機種変。 このiPhone4Sは埃を被ったまま...
Essay

タクシーとラジオ深夜便の追憶。そして、Uber。

昔務めていた会社は、仕事の都合上帰宅が終電後になることが多かったので、毎晩のようにタクシーで帰っていた。 電車で1時間の距離なのだが、深夜の首都高をかっ飛ばすタクシーを使うと20分くらいで自宅に着く。 タクシー代は高速代入れて1万円もす...
Essay

Surgeon Simulator 2013に医療ゲームの闇を見る

Steamで、「Surgeon Simulator 2013」というゲームを買った。 名前こそ外科医”シミュレーター”となっているが、とんでもない。ブラックユーモア全開のアクションゲームである。 極力、直感的に操作できないようにインタ...
Essay

Farming Simulator2013でコンバインに乗る

PCでゲームをするようになって、かれこれ20年が過ぎたが、Steam様には本当に感謝している。 マイナーな洋ゲーを始め、世界中のゲームがワンクリックでしかも安価に買えるとは、なんと素敵な時代になったのだろうか。 中学生の頃、お小遣いを握り...
Essay

新宿バイオセーフティーレベル4

私事、今月末まで新宿で働いている。 8月下旬、西新宿の高層ビル群に巨大なオブジェが登場した。 「新宿クリエイターズフェスタ2014」というイベントに登場した作品の一つである。 間が悪い事に、このイベ...
Essay

スマートウォッチの幻想

数年前までは、アップルの新製品発表スペシャルイベントともなれば、ワクテカしながら深夜までモニターにかじりついていたものだが、今年は始まる前にお酒を飲んでいたら、不覚にも寝てしまった。 認めたくは無いのだが、「人柱としての死」が近くなってい...
Essay

防衛省とオープンデータ

先日の記事で紹介した、世界の飛行機の位置をリアルタイムで見ることのできる、「Flightradar24」がニュースになっていた。 なんでも、首相などが乗る日本の政府専用機の位置情報が筒抜けだったと題する記事だが、そもそもflightr...
Essay

帝都高速度交通営団とオープンデータ

「帝都高速度交通営団」 いかめしくも、懐かしい響きである。 昭和50年代生まれのオッサンである僕には地下鉄=帝都高速度交通営団という刷り込みがあり、今の「東京メトロ」という言葉はどこかハイカラ過ぎて口にするのが少しこそばゆい。 ...
BioLite

使用済み食用油で走る消防車!(燃費は48.2Km/豚)

日本で引退した1台の消防車が、今アメリカ中を走り回って、話題を呼んでいる。 ベースとなった消防車はトヨタのダイナ。 アメリカで魔改造されたこの消防車、なんと使用済みの「食用油」で動くようになっているのだ。 ...
Essay

欲望は加速する。「歩きクーラー」のススメ

ウィリス・キャリア。 「誰?ダイ・ハードの人?」と思ったそこのあなた。罰として、今使っているエアコンを止めて頂きたい。 この人こそ、エアコンの発明者なのである。 こんなにも素晴らしい発明品、エアコンで世界を変えた人なの...
Essay

炎上記事を書くときの注意点

炎上するブログは枚挙に暇がないが、この人柱ブログ、AISAKEB.comにおいてはおそらく物理的な「炎上」リスクの方が高いだろう。 先日の火を使った実験記事を書いている時に、消火周りのガジェットが気になったので、少し調べてみた。 ...
Essay

フライトシミュレーター・クロニクル

先ほど、Engadgetで紹介されていたボーイング787のアクロバット飛行の動画を見ていた。 旅客機のこの飛び方を見ているとムズムズしてくる。 「あっ!旅客機がそんな動きしちゃうの!?」という非日常感。 高所恐怖症、飛行機恐怖...
PR
タイトルとURLをコピーしました