AR

PR
Essay

VRはゲーマーが求める「約束の地」となり得るのか

PCゲームにどっぷりハマってから、かれこれ二十数年が過ぎた。 640x400ドットの8段調モノクロディスプレイでゲームをしていた少年は、いまや30代のオッサンとなった。 より良いPC、グラボ、モニタを求め散財していった過去が、走馬灯...
Essay

ソニーのヘッドマウントディスプレイ、SmartEyeglassに捧げるレクイエム

GoogleがGoogleGlassに見切りを付けたのと対照的に、ソニーがバンザイ突撃を敢行する模様だ。 開発者向けに発表されたSmartEyeglass SED-E1はモノクロ(緑単色)ディスプレイを備えたメガネ型端末。 ...
Essay

Microsoft HoloLensに思う、「ヘッドマウントディスプレイでできること、やりたいこと」

先日のWindows10の発表時に突然現れた隠し球、Microsoft HoloLens。 GoogleGlassの先行きが怪しくなってきたこのタイミングで、Microsoft御大がヘッドマウントディスプレイ界に殴りこんできた。 それ...
Essay

フライトシミュレーター・クロニクル

先ほど、Engadgetで紹介されていたボーイング787のアクロバット飛行の動画を見ていた。 旅客機のこの飛び方を見ているとムズムズしてくる。 「あっ!旅客機がそんな動きしちゃうの!?」という非日常感。 高所恐怖症、飛行機恐怖...
Essay

戦場とヘッドマウントディスプレイ

アメリカにはDARPA(国防高等研究計画局)という組織がある。 軍隊のための新技術開発および、研究を行うアメリカ国防総省の機関だ。 日本では、戦後教育の弊害か軍需技術はどこかアンタッチャブルで、後ろめたいイメージが付きまとっ...
Gadget

ハコビジョンで簡易プロジェクションマッピングを試す

Amazonで予約していたバンダイの食玩、「ハコビジョン」が届いた。 スマホの画面の反射光と、プラスチックの型紙(?)のみでプロジェクションマッピングが体験できるアイデア商品である。 ガンダムとザクの2個セットで980円。 ...
Essay

「触れるを、測る。」資生堂の指センサー

資生堂とセンサー。 一見、奇抜な組み合わせである。 今までは、自社の化粧品の使用感を把握しようにも、ユーザーの感覚的な感想を聞くしかなく、メーカーとしてももどかしかったのだろう。 資生堂はこのような使用感を、センサーを用いて定量的...
Essay

現代版「悟り」体験。HMDを用いた代替現実システム

 昨日、雑誌を読んでいたら今をときめく理研のある研究が紹介されていた。 「代替現実システム(Substitutional Reality System=SRシステム)」というシステムだ。 カメラ付きのヘッドマウントディスプレイと...
Essay

EPSONのヘッドマウントディスプレイ、”モベリオ”が歩む修羅の道

先ほどTwitterのライムラインを見ていたら、今日がバック・トゥ・ザ・フューチャーの「未来」の日付だというツイートを目にした。 驚いてWikipediaで調べたところ、どうやらガセネタだったらしく、正解は「2015年10月21日」とのこ...
Gadget

紙に印刷したキーボードとiPhoneのカメラで文字入力!

昨日に引き続き、入力デバイス関連の記事。 レーザーキーボードが値崩れしていて、思わず買いそうになっているのだが、似たような感覚で使えそうな面白いアプリを見つけた。 レーザーキーボードはレーザーで仮想キーボードを机の上に投影す...
Essay

お腹に内臓をプロジェクションマッピング!ARでオペ支援

最近医療ネタが続く。 「なんだよこのブログ、訳わかんねーよ!ガジェットの話じゃないのかよ!」という声が聞こえて来そうだが、ちょっと待って欲しい。 心躍るガジェットや先端技術のニュースを追ううちに、いつのまにか医療ネタにたどり着く事が...
PR