AISAKEB.com

AISAKEB.com

東京人柱遊戯

最近は、すっかり触る機会が少なくなったハンダごて。 ずっと昔、電子工作に熱中していた時期があった。 タミヤの工作キットに、変なセンサーや豆電球やらを無駄にハンダ付けして遊んだものである。 そんな牧歌的な、小中学生時代は遠 […]

続きを表示

文房具界における、ここ10年で最大の発明品といえば、「消せるボールペン」ことパイロットのフリクションだろう。 編集者として、紙の原稿へ赤入れをする機会が多かった僕は、このペンの登場に狂気乱舞した。 仕事の能率は劇的に向上 […]

続きを表示

今日、日経消費インサイト4月号を読んでいたら、驚きの記事が載っていた。 世代別にスキャナーの所有率、利用頻度などをまとめた記事なのだが、 「男女とも上の年代ほど所有率が高い」そうなのだ! このアンケートは、日経産業地域研 […]

続きを表示

Amazonで予約していたバンダイの食玩、「ハコビジョン」が届いた。 スマホの画面の反射光と、プラスチックの型紙(?)のみでプロジェクションマッピングが体験できるアイデア商品である。 ガンダムとザクの2個セットで980円 […]

続きを表示

資生堂とセンサー。 一見、奇抜な組み合わせである。 今までは、自社の化粧品の使用感を把握しようにも、ユーザーの感覚的な感想を聞くしかなく、メーカーとしてももどかしかったのだろう。 資生堂はこのような使用感を、センサーを用 […]

続きを表示

 昨日、雑誌を読んでいたら今をときめく理研のある研究が紹介されていた。 「代替現実システム(Substitutional Reality System=SRシステム)」というシステムだ。 カメラ付きのヘッドマウントディス […]

続きを表示

 小学生の頃、スパイごっこができるオモチャが流行った。 水に溶ける紙、暗号作成・解読用の穴あきシートなど、子供だった僕は友達と夢中になって無意味な暗号文を量産しては、休み時間ごとに暗号文の受け渡しをする遊びに興じたもので […]

続きを表示

「命がけのサーキットコース」と言っても過言ではない首都高速。 少なくとも僕にとってはそうだ。 信じがたい短距離での合流、複雑な分岐。 あれほど素人が手を出してはいけない道路も珍しい。 普段、あまり車に乗らないので、稀に首 […]

続きを表示

コンコンコーン、コンコンコーン!(杉を切る音) 全国二千万人の花粉症患者の皆様、こんにちは。 今年もおぞましい季節がやって来てしまった。 重度の花粉症である僕にとって、春は喜びの季節ではない。 陽射しはこんなにも柔らかい […]

続きを表示

僕はセンサーが大好きである。 気圧、温度、赤外線、磁気、加速度、脳波、心拍、etc..。 とにかく曖昧な状況を、数値化・可視化することが異常に好きなのである。 自分なんでこれほどセンサーに心惹かれるのか謎だ。 (もしかし […]

続きを表示

もしも、「2014年人柱御用達ガジェットランキング」があったなら、上位入賞間違い無しのOLYMPUSドットサイト付きデジカメ。 僕の物欲を燃え上がらせてしまったこのカメラ。 だが、我が家の財政は既に格付け「ジャンク級」。 […]

続きを表示